麦わら帽子おすすめ

f:id:ilenori323:20170620142406j:image

どんなに良い化粧品より皮膚のためには紫外線を避けること。

アッシーナニューヨークの帽子は誰でも美人に見えると聞いて利用。

旅行にも折りたたんで持っていけます。

今回、黒いレースの付いたものを買い足しました。

伊勢丹さんで購入したらゴム紐はつけますかと聞いてもらえたし、

商品知識が豊富で良い買い物ができました。

 

光の方へ

f:id:ilenori323:20170611130745j:image

暑くなると切り花は日持ちしないので庭から剪定した緑の葉を

飾ることが増えます。

今日は紫陽花のアナベルローズゼラニウムの葉、

ジャスミンの葉です。切り花も光の方へ葉を向けます。

 

大戸屋の新メニュー、バジルチキン定食

f:id:ilenori323:20170607184149j:image

6月1日からの新メニューです。野菜の種類が多いので一人暮らしの人や女性には嬉しい。

自分で作るのが億劫だったので満足です。

付いてくるソースがもっと多ければ尚良いのですが、カロリー的には

これが正解でしょう。

昔からニュースや雑誌の新製品情報につられやすい私。

 

ホワイトアスパラガスとアイビーゼラニウムの記憶

まだフランスのお金がフランだった頃、旅行で行ったパリで

プラザアテネホテルでランチをした。

ゴールデンウィークでホテルの中庭を囲むように緑の葉の赤い花が

各階のベランダ植えられていた。頼んだのはホワイトアスパラガスの前菜。

太くて柔らかな食感と絶妙なソース。赤と緑と白。

後でその花がアイビーゼラニウムと知りプラザアテネのレッド ゼラニウム

有名だったことを知った。

ローズゼラニウムは地植えでも育つのに、東京ではアイビーゼラニウム

育てるのは難しい。葉がお椀型なので水が溜まると腐り雨で花が

散ってしまう。乾燥したパリの気候に合っているのだろう。

我が家のアイビーゼラニウムは冬越しに毎年失敗する。

そしてあの時ほど美味しいホワイトアスパラガスには出会えない。

ホワイトアスパラガスとアイビーゼラニウムは私の記憶では表と裏で

結びついている、プルーストのマドレーヌの1つだ。f:id:ilenori323:20170606171704j:image

 

成城学園前の美味しいもの

f:id:ilenori323:20170602175431j:image6月の終わりから7月にある成城風月堂の季節限定の桃のタルト。

ああ、もうすぐ食べられると楽しみです。

年によっては良い桃の入荷が遅くてまだ作れないんです、なんて言われるとなおさら。

和菓子部門のお店のあんやのあんみつはいつでも食べられますが美味しいです。

成城風月堂さんのお菓子は日持ちしないものが多いのですが、手作りの自然な味。f:id:ilenori323:20170602180606j:image

 あんがすぐ溶けてしまいます。

 

大好きな芍薬と他人の名入りの花瓶

f:id:ilenori323:20170601090806j:image

5月から6月にかけては芍薬を楽しめます。立てば芍薬とすらり美人に例えられるこの花が

大好きです。似ている牡丹は樹木で芍薬は草。

しまい込んでいた花瓶を使うことに。貴乃花さんの結婚の引き出物でした。

他人の名入りの花瓶、1995年からの眠りから目覚めさせました。

持っているものは使わないと。名前ではなく1995年と刻んで欲しかったです。

この年の阪神大震災オウム事件の記憶が蘇ります。

 

マイリトルボックス 5月と断捨離

f:id:ilenori323:20170514152754j:image

今月はジルスチュワートとのコラボbox。ジルの表参道の店頭でも購入できました。

本当は断捨離したいのに可愛いものには負けてしまいます。

化粧品関係は更新しないと。髪型やお化粧が若い時のままというのは哀しいです。

いい訳を用意しつつ気分を上げてくれる無駄も時には必要かと。

断捨離は進みませんが淀んでしまわないよう、循環して使うようにしたいです。