パリのスリと初めてのサクレクール

f:id:ilenori323:20160630221316j:plain

パリは一カ月のショートステイを含め9回目の旅。

なのに一度も歩いたことのなかったモンマルトル。バスやタクシーから見える荒れた光景と歌舞伎町を彷彿させるお店、そしてスリが怖くてツアーで食事した以外は行く機会がありませんでした。

幸運にもパリで一度もスリ被害にあったことはありません。

スリに狙われたこと、狙われた人を見かけたことは何度もあります。

Can you speaking English?の署名詐欺に始まり、ずっと後ろをついてくる紳士風の男の人、アジア人の私に道を聞いてくる少女たち、子供だけでメトロに乗っている数人、やけに視線の合う目つきの怪しい人、たぶんスリでした。

チケットなどを買う時、メトロの切符を機械に入れる時、電車に乗り込む時、振り返るようにしています。カード払いが普及した今は鞄に入れる財布には20ユーロ前後とクレジットカード一枚です。

予備のカードとパスポート、少々の現金は別の場所に持ちます。

今回は後ろにぴったりついてメトロのただ乗りをしようとした男の人にNonと言ったのと、 同行者のiphoneをじっと見ている女の人がいて、奥にしまってもらい鞄も裏返したら背を向けました。

スリに関してはパリは鮫のたくさんいる海を小船で進むような街です。

初めて歩いたサクレクール近辺は賑やかな観光地でした。ユーロ2016が開催中のためかパトカーや警察官がいてミサンガ売りには会わずに済みました。