生誕130年記念 藤田嗣治展、府中市美術館

f:id:ilenori323:20161006155249j:image

行きは東府中駅から徒歩で20分くらい、帰りは美術館前からバスで府中駅に出ました。町の至る所に美術館への案内板があり素敵な緑溢れる公園の一角でした。

彼の戦争画が国立近代美術館を出て巡回展にという時代が来るとは感無量です。もともと戦時中は各地を巡回していたもの。絵も旅をして年をとる。同じ絵を違う場所で見るのも鑑賞の醍醐味では。

年代ごとの変貌が断絶なくコンパクトにまとまり、都心の展覧会と違いゆっくり見られました。

 

f:id:ilenori323:20161006175708j:image

国立近代美術館、上野の森美術館、ポーラ美術館、Bunkamuraザ・ミュージアムなどの過去の図録。絵の大きさは実物を見ないとつかめません。モナリザ小さい、みたいに。